髭脱毛にはどんな方法があるのか?

レーザーとフラッシュの違い
髭の脱毛方法には主にレーザー脱毛とフラッシュ脱毛の2種類があります。レーザーもフラッシュも、髭の毛根に光を照射して組織を破壊して髭を生えなくする方法です。違いはレーザーの方が電圧が高く、そのため医療施設でしか施術ができず、フラッシュは電圧が低く、サロンやエステなどで受けることが可能という点です。レーザー脱毛の方が出力が高いので短期間に永久脱毛が可能ですが、その分痛みも強いというデメリットがあります。

ニードル脱毛
レーザーやフラッシュを用いる手法よりも歴史があるのがニードルと呼ばれる針を使った脱毛方法です。これはニードルを毛穴の奥にまで通して、そこに電流や高周波を送り込んで、毛根の組織を破壊するという方法です。レーザーは広範囲にわたって照射できますが、ニードルは1本ずつ抜いていきます。レーザーの方が痛みが少ない分、抜き落としがありますが、ニードルにはそういうことはありません。確実性ならニードルです。ただし、金属アレルギーがあったり、痛みに耐えられなかったりすることがあります。

クリーム脱毛
自宅で気軽にできる髭脱毛の方法として、脱毛器や脱毛クリームを使う方法があります。機材やクリームによっては効果が確実に発揮されますが、一時的なものに過ぎないため、何度もやらなければならないというデメリットがあります。

完全脱毛を目指すなら
髭の毛は髪の毛などに比較しても固くしつこいので、完全に脱毛したいのであれば、サロンや脱毛クリニックなどに通う方が良いでしょう。サロンでの施術は通院回数がかかりますが、痛みは少ないですし、肌の健康へのアドバイスもしてもらえます。医療クリニックはレーザーで施術しますので、威力は高いです。どちらも無料や低料金のお試しコースがありますので、まずは自分で行ってみて、そこから検討しても良いでしょう。どちらにしても、1回では終わりません。何回か通院する必要がありますので、通いやすいところで考えるようにしましょう。